■勝手に生えてきた”ベゴニア君”2016年07月07日

庭の片隅に勝手に生えてきた”ベゴニア君”
真冬に凍り付いても、めげずに今年も花をつけました。


もう一カ所、別のところにも勝手に生えてきています。

おそらくセンパフローレンス系と思われますが
こぼれ種でも増える。。。とあるので、
園芸店で購入した植物の鉢土の中に
紛れていたのかもしれませんね。


あとは。。。
鳥が運んできたことぐらいしか思い当たりません。


今日は”七夕”、久しぶりに夜空でも眺めてみようかな。。。


■すだれ越しの”アガパンサス”2016年07月13日

梅雨というのに、強い日差しが降り注いでいます。
”アガパンサス”の花が咲いたので、
それをすだれ越しに眺めていると
ちょっとした涼を感じます。


実は。。。
すだれ越しの風景写真を撮ろうとすると、
どうしても手前のすだれに焦点が合ってしまい
上手く撮れませんでした。
マニュアルを読み返したところ
恥ずかしいことに、
カメラに手動のフォーカス機能があることをそこで知りました。
そこで
ちょっと使いづらいのですが、
”アガパンサス”の花にフォーカスして
すだれ越しの写真に挑戦してみました。

う~~ん。。。


■”ベニフキノメイガ”2016年07月21日

”ベビフキノメイガ”と言われても
ほとんどの方は知らないかもしれない。
私も知りませんでした。

玄関先のガラスに体長7mmほどの
鮮やかなオレンジ色の正三角形の形をした
微小蛾がとまっていました。
小さいながらあまりに鮮やかなので、
写真に収めました。


調べて判ったのですが。。。
”メイガ”の仲間は気の遠くなるくらい種類が多いです。
よくもまあコツコツとこんな小さな蛾達を
分類したものだと感心させられました。

根気のいるネットの画像検索を一つ一つチェックしていくと
ようやく”ベニフキノメイガ”にたどり着きました。

実はこれ。。。
けっこうメジャーな害虫のようです。
幼虫は確かにバラの新芽を食べてしまったり、
柔らかな葉を丸めて中にいたり。。。と
5mm~10mmほどの半透明な青虫で黒い点が点在しています。
私もよく遭遇していた青虫でした。(意外とすばしっこく逃げる)

親になるとこんなに綺麗になるんですね!

”ベニフキノメイガ”の成虫↑(体長7mm程度)

備忘録として大きくトリミングしたものを
貼っときます。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村   ←ポチッ